手取り15万でも一人暮らしは出来るのか?最低いくらかかる?

手取り15万でも一人暮らしは出来る?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「手取り15万でも
一人暮らしは出来るのか?
最低いくらかかる?」

社会人になって
一人暮らしを始めたいけど
手取りが15万円しかない…
なんて悩んでいませんか?

周りに比べるて収入が少ないと
本当に一人暮らしが出来るか
不安に思ってしまいますよね。

最近では保育士の給料が
手取り15万程度が平均で、
中には12万13万くらい
と話題になりましたよね。

でも手取り15万でも
一人暮らしをしている方は
大勢いらっしゃいます。

手取り15万で生活している方は
どうやって生活しているのか
見てみましょう。

スポンサードリンク

一人暮らしの内訳は?

一人暮らしの内訳

まずは一人暮らしをする上でかかる内訳を見てみましょう。

  • 家賃…5万円
  • 食費…3万円
  • 電気代…3000円
  • ガス代…3000円
  • 水道代…3000円
  • 通信費…1万円
  • 日用品…3000円
  • 医療費…2000円
  • 交際費…1万円
  • 雑費…1万
  • 貯金…1万

合計で13万4000円となりました。

安く抑えようと思えば、手取り15万でも大丈夫ということが分かりましたね。

でも実際暮らし始めると”やっぱり15万じゃきつい…”と感じる方は少なくありません。

そこで15万でやりくりするためのポイントを挙げてみましょう。

とにかく家賃は安く抑える

まず家賃はなるべく低くしましょう。よく収入の3分の1と言われますが、手取り15万だと5万円になりますよね。

でも家賃にお金をかけるよりも、食費や生活費に回したほうが良いです。

高くても4万円程度にする必要があるでしょう。

なかには2万円台の家賃に住んでいる方もいますね。

食費はご飯だけ炊いて節約

節約するなら自炊!という方もいらっしゃるかと思いますが、一人分の自炊って実はあまり効率的ではないんです。

時間も取られるし光熱費もかかるし、食材を腐らせることも多々有ります。

そんな時はご飯だけ炊いて惣菜をスーパーの安売りで買うが安くつくことがあります。

これなら調理の手間もなく、レンジでチンするだけでいいので時間も食費も節約になります。

一人暮らしが捗る食材・食品って何がある?コスパが良いのは何?

無駄な買い物に注意

コンビニでの無駄な買い物はやめよう

コンビニなどに行くとついつい余計なものを買ってしまうことがあります。

特にスイーツやお菓子は一度買ってしまうと習慣づいてしまうことが多いので、注意する必要があるでしょう。

少しずつでも貯金しよう

家計がカツカツでも毎月少しずつでいいので、貯金することも心がけましょう。突然の出費に備えてです。

友人の結婚式や入院など、急にお金が必要になった時に困ることがないようにしましょうね。

一人暮らしでお金がない…貯まらない原因は管理・使い方にあり?

まとめ

いかがでしたか?

内訳をしっかり計算すれば、手取り15万でもちゃんと生活出来るんですよ。

まずはあなたは毎月どれだけお金を使っているか把握してみましょうね。

スポンサードリンク



このページの先頭へ