一人暮らしはアパート・マンションどっちが良いの?

マンションvsアパート

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしは
アパート・マンションどっちが良いの?」
についてご紹介します。

一人暮らしで賃貸を借りる時に
アパートかマンション
どっちにしたらいいの?
という疑問が出てくると思います。

そもそもアパートと
マンションの違いってなんだろう?
と疑問が出てきますよね。

ほかにもハイツやコーポなど
区分がよく分からない名称もあります。

一人暮らしは引っ越しにお金もかかるし、
失敗しない部屋選びをしたいですよね。

ではマンションとアパート
どっちがいいのか考えてみましょう。

スポンサードリンク

アパートとマンションの違いは?

アパートとマンションの違いは?

実はアパートとマンションには明確に定められた違いはありません木造だからアパート、鉄筋コンクリートだからマンションということはないんですね。

アパートと聞けばなんとなく古いイメージが沸くかも知れませんが、そんなこともないんですね。逆にマンションと呼ばれる物件でも、やたら古い建物だってあるんです。

だからアパート、マンションという呼び名で賃貸を選ぶのは間違っているんですね。

ハイツ、コーポってなに?

こちらも大きな違いはありません。ハイツだからアパートといったこともありませんね。

単なる名称なので構造を見て選ぶといいでしょう。

名称ではなく、構造で判断しよう

アパート・マンションの構造

アパートやマンションを選ぶ場合は、その名称ではなくしっかりと構造を見て判断しましょう。

  • 木造
  • プレハブ造
  • 軽量鉄骨造
  • 鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC)
  • 鉄筋コンクリート造(RC)
  • 鉄骨造(ALC)

こちらが一般的な建物の構造ですね。

この構造は賃貸を選ぶ時に必ず目を通すようにしましょう。

遮音性が高いとトラブルが少ない

構造によって遮音性がかなり変わってきます。電車や車の音などの外の音も大きく変わりますし、隣人の生活音、あなたの生活音から生まれる隣人とのトラブルも大きく変わります。

木造<鉄骨造<鉄筋造の順番で遮音性が高くなります。

あなたのライフスタイルにあった構造を選ぶようにしましょう。

まとめ

アパート、マンションには明確な違いがないことが分かりました。

初めての一人暮らしだし、アパートよりもマンションがいいなー。なんて適当に選んでしまうと間違った物件選びをしてしまうかも知れませんよ。

賃貸を選ぶ時はアパートだからダメ!マンションだからOK!という選び方ではなく、ちゃんと構造を見て判断しましょうね。

リフォームとリノベーションの違いとは?賃貸で選ぶならどっち?

スポンサードリンク

このページの先頭へ