一人暮らしで猫は飼える?飼い方や費用、オススメの種類まとめ

一人暮らしでも猫ちゃん飼えるかな?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしで猫は飼える?
飼い方や費用、オススメの種類まとめ」
についてご紹介します。

ただいまー…
一人暮らしだと帰ってきても
虚しく自分の声が響くだけで、
とても寂しいですよね。

何か自分を癒してくれる
存在でもいればなぁ…
なんて考えたことありませんか?

そうだ、猫でも飼ってみよう!

と思ったけれど一人暮らしでも
猫って飼えるんだろうか?
と悩んでいませんか?

そこで一人暮らしでも猫は
ちゃんと飼うことが出来るのか
調査してみました。

ぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク

一人暮らしのペットに猫はオススメ

意外にも一人暮らしで猫を飼うことは犬に比べてハードルが低いです。ではなぜ一人暮らしのペットに猫が最適なのか、オススメポイントを紹介します。

猫はひとりぼっちでも割と平気

猫は単独行動を元々好むので、2日3日くらいなら独りでもお留守番出来ます。

犬はひとりぼっちで長時間お留守番するのに不向きですが、猫は一人暮らしで家を長時間開けてもストレスがたまることがないので安心ですね。旅行に行くことも可能です。

ただ4日以上家を空ける場合は餌やトイレの掃除など誰かに頼むといいでしょう。

散歩が不要

犬だと毎日外で散歩させないと運動不足になってしまいますが、猫なら室内だけの運動で十分です。

これなら一人暮らしで忙しくて散歩をする時間がなくても、猫なら飼うことが出来ますね。

ただ室内にずっといる形になるので、運動不足にならないためにもキャットタワーなどを設置してあげましょうね。猫は狭い所や高い所を好むので、そういった場所を作ってあげれば喜ぶはずですよ♪

鳴き声も静か

犬の大きな鳴き声に比べると圧倒的に鳴き声も小さいので、近隣住民に迷惑をかけることも少ないですね。

でも猫を飼う時は必ずペット可の物件で飼うか大家に相談して下さいね。

猫を飼う費用はどのくらい?

では猫を飼うにはどれくらい費用がかかるかみてみましょう。

ワクチン・保険など 10000円
キャットタワー 7000円
トイレ 3000円
爪とぎ 1000円
キャリーバック 5000円
餌用・水用食器 2000円
ベッド 3000円
首輪 1000円
ケージ 10000円
おもちゃ 3000円
初期費用合計 45000円

初期費用に大体45000円程度かかりますね。

月々にかかるお金は、

エサ代 3000円
トイレ砂 2000円
月々費用合計 5000円

月々にかかるコストは5000円程度の方が多いようですね。

猫を初めて飼う初心者でも安心のオススメの種類は?

初めて猫を飼う場合はどんな品種を選べばいいか分からないことも多いですよね。種類によって性格の傾向も違いますし、自分にあった猫を選ぶ必要があります。

どんな性格の子と共に暮らしたいか、考えてみましょう。

アビシニアン

アビシニアン

アビシニアンは比較的大人しめの性格で穏やかで鳴き声も小さめです。

物覚えも良いとされていてしつけも楽な品種ですね。人気ランキングでもベスト3に選ばれるほど人気の品種ですよ。

市場相場:8万〜15万

アメリカンショートヘア

アメリカンショートヘア

陽気で人懐っこく好奇心旺盛なのが特徴ですね。

猫といえばアメショー!というようなイメージを持っている人も多いんじゃないですかね。

環境に適応する能力も高いので、部屋にきてもすぐ慣れてくれるはずですよ♪

市場相場:10万〜20万

エキゾチックショートヘア

エキゾチックショートヘア

ブサカワな顔が愛くるしい猫ちゃんですね。

性格ものんびりしていて落ち着きがあるので、比較的飼いやすいですよ♪

市場価格:15万〜20万

シャム

シャム猫

気品溢れる上品な見た目が印象的な猫ですね。

見た目とは裏腹に意外と活発で甘えん坊な一面も持っていて、べったりくっつくことを好む猫も多いですよ♪

市場価格:10万〜20万

マンチカン

マンチカン

短い足が特徴的で人気の品種ですね。

人懐っこくひょこひょこ歩く姿がとても愛らしいですよ♪

市場価格:15〜35万

手入れ、病気にかかりにくい短毛種がオススメ

まだまだ紹介したい品種もたくさんいますが、初めて飼う場合は短毛種の猫ちゃんをオススメします。

長毛種だと毛が胃にたまってしまう”毛玉病”という病気にかかってしまう危険性が高まってしまうため、ケアが大変になってしまいます。

一人暮らしで猫ちゃんが病気になったときには苦労が増えてしまうと思うので、比較的手入れが簡単な短毛種をオススメします。

上記で挙げた猫ちゃんたちは全て短毛種ですよ♪

猫を迎える心得

では猫を迎える前にさまざまな心得を覚えておきましょう。

共に仲良く暮らすために、猫ちゃんのことを家族として考えて下さいね。

危ないものは片付けて

猫が乗った時にすぐ崩れてしまいそうなものや鋭利なもの、怪我や事故につながってしまう危険性があるものは猫が触れられないところにしまってあげて下さい。

外には出られないように戸締りは確実に

もし上層階に住んでいる場合は、ベランダから猫ちゃんが逃げてしまった時に落ちて亡くなってしまう危険性もあります。

お外で気ままに散歩したいかな?と考えていると、思わぬトラブルに遭う可能性もあります。

戸締りは確実に行いましょう。在宅中も窓を開けっ放しにしてどこかへ行くことのないようにしてあげて下さいね。

病気の時のために動物病院を見つけておく

いざ病気になったときに焦らないためにも、緊急時に備えて動物病院は必ず調べておきましょう。

たまたま休みだった、ということがないように2つ以上目星をつけておくといいですね。

私たちと同じ生き物であるという自覚

”ただ寂しいから”という理由で簡単に飼おうと考えてはいませんか?

猫ちゃんも私たち人間と同じ生き物です。

10年以上生活を共にする覚悟を持ってしっかり最後まで面倒を見てあげましょう。決して半端な気持ちで飼い始めて投げ出す、なんてことはしないで下さいね。

生後2〜3ヶ月の猫を迎えるのがオススメ

生後間もない猫ちゃんだと病気になってしまう確率も高いですし、逆に生まれて半年以上経過しているとあなたに懐くのに時間がかかってしまうことがあります。

2〜3ヶ月程度ならお留守番もそろそろ出来る頃ですし、あなたのことをご主人さまだと認識するのも時間はかからないでしょう。

時にはしっかりしつけをしよう

悪さをした時は怒ることも大切です。

可愛いからといってしつけを怠っていると、いつまでも信頼関係が築けないこともあります。

時に怒り、可愛がるときは目一杯可愛がってあげて下さい。

家に帰ったらいっぱい可愛がってあげる

猫はひとりでも大丈夫な生き物ですが、もちろん家に長時間独りでいると寂しいです。

ただいま〜♪帰宅したらちゃんと可愛がってあげましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

一人暮らしだから猫を飼うのは難しいかな…と考えていた人は”意外と飼えるかも”と思っていただけたんではないでしょうか?

これを機に猫を飼ってみようかな、と考えている方はぜひ大切に育てて下さいね。

家に帰るのが楽しくなるはずですよ♪

ほかにもペット情報をまとめている記事を書いているので良ければ参考にしてみて下さい♪

一人暮らしでも犬は飼える?

一人暮らしにインコがオススメの理由

一人暮らしでウサギ飼いたいけど寂しくて死なない?

一人暮らしで熱帯魚を飼ってみよう♪

一人暮らしでフェレットは飼える?

一人暮らしのハムスターの飼い方

スポンサードリンク

このページの先頭へ