一人暮らしの収納術♪100均でクローゼットをうまく使うコツ

クローゼットをうまく使いこなす収納術

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしの収納術♪
100均でクローゼットをうまく使うコツ」
についてご紹介します。

一人暮らしだと
1Kなどで部屋が狭いので、
それに伴い収納スペースも
かなり限られていますよね。

特にクローゼットは
何をどう収納するかで
センスも問われてきます。

そこで貴重なクローゼットを
うまく使うために、
100均のアイテムを使った
さまざまな収納術を
紹介したいと思います。

スポンサードリンク

つっぱり棒を使ってハンガーラックに

服をリグングにかけている方も多いかと思いますが、視界に洋服が入るとなぜかだらしない部屋に見えてしまったりしませんか?

そんな時はクローゼットの上部につっぱり棒をつけて、ハンガーラックをクローゼットの中に作ってしまいましょう。

これなら視界に衣服が入らないので、部屋がキレイに見えます。

服をかける時は長さを合わせる

服をかける時は長さを合わせると収納スペースが生まれる

服をクローゼットにかけるときは長さを合わせてかけるようにしましょう。

こうすることで服の下に収納スペースを作ることが出来るので、クローゼットをうまく活用することが出来ます。

空いたスペースにはカラーボックスを置く

空いたスペースには100均のカラーボックスを設置してみましょう。

おなじ物を重ねて配置すると無駄が生まれにくいのでいいですよ。

カラーボックスの中にはさらに仕切りなどを作ってタオルや靴下、下着など小分けにして収納するといいですね。

布団や冬物は圧縮

冬用の布団やダウンジャケットなどがある場合は布団圧縮袋で縮めてしまいましょう。

どうせまた使うからいいやーとそのまましまっている方も多いかと思いますが、圧縮することでかなりのスペースが生まれます。

100均でも売っているので、ぜひ使ってみてください。一度使ったらもう手放せないはずですよ。

吊り収納でスペースを活用

吊り収納でスペースを活用

こちらは100均一ではなくニトリの商品ですが1000円程度と結構お手ごろです。

これなら帽子やカバンなどをクローゼットの床に置くこともなく、うまく空間を利用することが出来るのでキレイに収納出来ます。

空いたスペースにはまたカラーボックスなどを置いて、スペースをどんどん使ってくださいね。

まとめ

狭いクローゼットにはつっぱり棒が有効です!

無駄な空間を作らないためにうまく活用して下さいね。

カラーボックスは種類別などに小分け出来るので便利ですよ。

ぜひ参考にしてみて下さいね。

一人暮らしで靴箱がない!狭い玄関でもたっぷり収納オススメ靴箱

スポンサードリンク

このページの先頭へ