一人暮らしで脱いだ服を洗濯機内に放置するとカビが生える?

洗濯槽にカビが!?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしで脱いだ服を
洗濯機内に放置するとカビが生える?」
についてご紹介します。

みなさんは家に帰って
脱いだ服はどこに置いてますか?

上着ならまだ一回しか着てないし、
ハンガーにかけておいたりしますよね。

でも下着やTシャツなどの肌着は
どうしてますか?

溜まった時に洗濯しよーっと♪
と思って洗濯機の中に
放置していませんか?

実はその行為で、
服や洗濯槽にカビが発生してしまう
危険性があるかも?

スポンサードリンク

洗濯槽の中は常に湿気が

洗濯機は当然ながら多くの水を必要としますよね。

洗濯機を使用すると脱水を行った後でも多少の水分は残ってしまいます。

その上に洗濯物をどんどん溜めてしまうと、その残った水分が蒸発出来ずに、湿気となってずっと洗濯槽の中に残ってしまうんですね。

湿気はカビ・雑菌の大好物

湿気が洗濯槽に残るとそこからカビが発生してしまいます。湿気はカビの大好物です。梅雨の時期には特に活発になりますね。湿気が残っていると雑菌の繁殖も活発になってしまいます。

洗濯槽にカビが発生すると、カビの汚れで服に黒い汚れが付着してしまうこともあります。せっかく洗濯したのに逆に汚れがついてしまうなんて嫌ですよね。

カビは服や洗濯槽の臭いの原因にもなる

洗濯したのにカビくさい

カビは汚れだけでなく、臭いの原因にもなります。

洗濯したのになんだか服が湿気臭い…なんてことを経験した人もいるんじゃないでしょうか?何度洗っても臭いが残っている原因は洗濯槽のカビの可能性が高いです。

服に臭いを移さないためにも、洗濯機はなるべく換気できるようにしないといけないんですね。

もし洗濯槽がカビ臭くなってしまったらこちらの記事を参考に掃除してみてください。

驚くほどカビが落ちますよ。

洗濯槽にカビが発生!オススメの掃除方法は?

洗濯物は洗濯カゴに溜めよう

洗濯物が出たら洗濯槽に溜めるのではなく、洗う前用の洗濯カゴを準備してその中に溜めるようにしましょう。これだけで洗濯機の中の湿気を逃がすことが出来ます。特にシャワー後に使ったタオルはそのまま洗濯機に突っ込んでしまうとかなり湿気を溜め込んでしまうので、かならず洗濯カゴに入れて下さいね。

少し場所を取ってしまう形になりますが、せっかく洗濯をするなら臭いも汚れもキレイに落としたいですよね。手間にはなりますが、洗濯カゴはぜひ設置して下さい。

まとめ

いかがでしたか?

私も面倒くさがりなので、ついつい脱いだ服は洗濯機に溜めてしまいがちだったんですが、一度カビの臭いと汚れが服について後悔したので、みなさんはそういったことがないように気をつけて下さいね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ