一人暮らしの契約期間ってなに?2年未満だと違約金は必要?

賃貸の契約期間って何?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしの
契約期間ってなに?
2年未満だと違約金は必要?」
についてご紹介します。

一人暮らしを始めようかなーと
物件を見てると、
契約期間2年“の文字が。

契約期間ってなんだろう?
契約期間内住まないと
お金を払う必要が出てくるの?
と疑問に思う人もいると思います。

では賃貸における
”契約期間”について
紹介したいと思います。

スポンサードリンク

賃貸の2年契約について

契約期間はあくまで次の更新をするための期間なので、2年と設定されていても2年必ず住まないといけないというものではありません

ただ2年以上住む場合は更新料や火災保険などお金がかかることはあります。

契約書に書いてあるはずなので、必ず契約する際に確認するようにしましょう。

退去する場合は1ヶ月〜3ヶ月前に申告

退去する場合は大家さんか管理会社に退去することを1ヶ月〜3ヶ月前に連絡しましょう。

いつまでに連絡が必要かどうかも契約書に書いてあるので、確認するようにしてください。

また2年の契約期間が終わる直前に退去申告をすると、契約期間更新の時期と被ってしまった場合に更新料を請求されることもあるので、引っ越しを考えている方は余裕を持って退去の申告をするように心がけましょう。

2年未満の退去でも違約金はなし!

まだ1年しか住んでないけど引っ越ししてもいいのかな?と考えている方は違約金が発生することはないのでご安心ください。

ただ敷金が戻ってこないケースはあるようなので、契約書にはしっかり目を通すことを忘れないでくださいね。

一人暮らしを始めたら隣人に引っ越しの挨拶はする?しない?

スポンサードリンク

このページの先頭へ