一人暮らしを魅力的な部屋にするためのカーテンの選び方

カーテンを選ぶポイント

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしを
魅力的な部屋にするための
カーテンの選び方」について
ご紹介したいと思います。

一人暮らしをする上で、
カーテンはプライバシーも
守る要素もありますし、
部屋の雰囲気を大きく左右する
インテリアでもあります。

ただ太陽光を遮断するだけでなく、
部屋の保温などにも一役買います。

一度買うと、何度も買い換える
アイテムでもないので、
なるべく失敗せずに購入したいですよね。

そこでカーテンを購入する前に、
知っておきたいカーテンの選び方を
紹介します。

スポンサードリンク

カーテンの色の選び方

カーテンの色ひとつで、部屋に華やかさを出すのか、落ち着きを出すのか、印象が大きく変わります。部屋に置いているインテリアとの配色も考えると、ワンランク上の部屋を演出することが出来ます。

落ち着いた部屋を作りたい

寒色系のカーテンがいいでしょう。

紺色や水色は心を落ち着かせる効果があるので、安らぎのある部屋を作りたい場合は寒色系にカラーを選んでみましょう。また同色のクッションなどを配置すると、部屋に統一感が生まれます。

グリーンなども癒しの効果があるとされ、リラックス出来る部屋を作ることが出来るでしょう。

濃い攻撃的な色は避ける

赤や原色系の色は一人暮らしでは避けたほうが無難です。カーテンを攻撃的な色にしてしまうと、自分の部屋にいるのになぜか落ち着かない、ということもありえます。

派手な色のカーテンは家具屋でみた時は印象的で、ついつい目にいってしまうことがありますが、いざ部屋に置いてみるとかなり浮くことがあります。

また色がきつすぎると、部屋に圧迫感を与えてしまいます。

部屋を広く見せるためにも、濃すぎる色は避けるようにしましょう。

フローリング、ラグの色を意識する

床の色を意識してカーテンの色を選ぶと、部屋に統一感が生まれます。フローリングやラグのトーンの明るさを合わせて、選ぶといいでしょう。

フローリングが濃いブラウン系の場合は、寒色系を選ぶと少し部屋に重苦しいイメージが生まれてしまうので、薄めの黄色など少し明るめのカーテンにすると部屋が重苦しい印象にならないで済みます。

またラグと同じ色のカーテンにしてみると、バランスの取れた部屋を演出できます。ソファやベッドの色などに合わせるもの良いですね。

カーテンの遮光性のレベルは?

カーテンの遮光性について

一人暮らしであることを考えると、ワンルームで寝室も同じである人が多いので、遮光性レベルは1級のものを選ぶといいでしょう。

遮光性レベルには1級2級3級とあり、商品に必ず記載されているので、忘れずにチェックして下さいね。

また遮光性が高いと断熱効果、遮音効果も期待出来ます。

よく寝坊する人は遮光性を2級以下にしよう

遮光性が高いと、日が昇っても部屋が明るくならないので、朝が苦手な人は寝坊する原因になることもあります。

せっかく良いカーテンを買ったのに、朝起きられないからカーテンを開けて寝るはめになった、なんてことにもなるケースもあります。

朝寝坊が心配な方は遮光性を2級以下にすると、ほど良い光が差し込んでくるので、検討してみてはどうでしょう。

幅、高さの測り方

カーテンの幅はカーテンレールの長さを測るようにしましょう。間違って窓の幅を測らないようにして下さいね。

カーテンの高さを計算する時は、床と面している掃き出し窓の場合、カーテンレールのフックから床まで測り、測った長さから-2cm程度が目安です。

ジャストや長めにしてしまうと、床にゴミを溜め込んでしまう原因にもなり、部屋が不衛生になることが考えられます。

逆に床とは面していない腰高窓の場合、カーテンレールのフックから窓枠の下まで測り、測った長さから+15〜20cmが目安とされています。

レースカーテンは必要?

一人暮らしの場合、個人的には不要かなと考えています。

レースカーテンはデザイン性や日中の紫外線カット、目隠し効果などに有効ですが、一人暮らしだと日中不在であることも多く、寝るための遮光性だけを考えてカーテンを選ぶ方が多いかと思います。

一人暮らしの費用を少しでも抑えるためにも、不必要であると言えるでしょう。

まとめ

以上が一人暮らしでカーテンを選ぶポイントです。

好みの色を見つけてカーテンを衝動買いしてしまうと、あとから他のインテリアやベッドの配色で悩んでしまうこともあります。

カーテンを買う時は、部屋のトータルバランスを意識して、イメージをしっかり持った上で選ぶことが大切になるでしょう。

賢くカーテンを選んで、まとまりのある部屋を作ってみましょうね。

一人暮らしで失敗しないためのインテリアを選ぶポイントとは?

スポンサードリンク

このページの先頭へ