一人暮らしの狭いキッチンにまな板が置けない…スペースは作る?

キッチンが狭くてまな板が置けない…

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしの狭いキッチンに
まな板が置けない…スペースは作る?」
についてご紹介します。

一人暮らしで1Kなどの賃貸に住むと
”キッチンが狭い”と感じることはありませんか?

そしてキッチンが狭くて一番
不便に感じるポイントは
”まな板を置くスペースがない”というところ。

まな板を置くスペースがないと
調理が手間になって
料理を作る気が起きませんよね。

そこで狭いキッチンにまな板を
うまく置く方法を紹介します。

スポンサードリンク

まな板はシンクに縦置き

まな板をシンクに縦置き

まな板を縦に置いた時にシンクにぴったりはまるサイズを選べば、まな板をこのように縦に置くことが出来ます。

これなら狭いキッチンでもまな板を使うことが出来ますね。

この置き方をするためにはペラペラの薄いまな板だと切っている最中にずれて危ないので、ちゃんと厚みのあるまな板を買うようにしましょう。

でも正直この置き方だと幅が狭いので調理しにくいです…

個人的には次の方法のほうがオススメです。

シンクに水切りを置いてまな板を置くスペースを作る

シンクに水切りを置いてまな板を置く

まずシンクに水切りを設置しましょう。シンクの幅に合うようであれば縦にはめても横にはめても構いません。水切りは100均で売ってます。

そしてその上にまな板を横に置きます。これならまな板を横向きで使えるので縦に置いた時よりも圧倒的に使いやすいですね。

ガスコンロの上に作業台を作る

それでも調理スペースが足りない!という方はコンロの上を作業台に活用しましょう。

コンロの上にコンロカバーを使うことによって、キッチンを広く使えますね。

難点としては火を使いながら作業ができないことですね。ただ調理前の材料を切ったりする段階では結構便利です。

100均一などで小さなテーブルを買ってきて代用することも出来ますよ。その場合はしっかり幅を測ってから買うようにしましょうね。

まとめ

1Kやワンルームだとどうしてもキッチンが狭くて料理がしにくいですが、まな板を縦に置いたり水切りを活用することでうまく活用することも出来ます。

狭くて料理する気がおきない人は一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

このページの先頭へ