騒音の苦情が来るのは何dB?トラブルを避けるための目安や基準

何dBから騒音問題になる?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「騒音の苦情が来るのは何dB?
トラブルを避けるための目安や基準」
についてご紹介します。

一人暮らしをしていると一度は、
騒音で隣人に迷惑をかけていないかな?
と不安に思ったことはありませんか?

中には苦情が来ることを恐れて、
ビクビク生活をしている
なんて人もいるんじゃないでしょうか?

でもどれくらいの音で
騒音被害と呼ばれるのか
正直ピンと来ない方も
いらっしゃるかと思います。

そこでどれくらいの音を出せば
苦情が来る可能性があるのか
調べてみました。

騒音トラブルに合わないためにも
ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサードリンク

騒音レベルdBについて

騒音レベルの基準値

騒音の大きさは主にdB(デシベル)で測定されることが多いです。

日常生活における音の目安はこのようになっています。

騒音 環境
120dB 飛行機エンジンを間近で聞いた音
110dB 車のクラクションを2m内で聞いた音
100dB 電車通過時のガード下
90dB 騒々しい工場の中、カラオケ
80dB 電車の車内、ピアノを目の前に聞いた音
70dB 電話のベル、渋谷などの騒々しい街
60dB 普通の会話、時速40kmで走る車内音
50dB エアコンの室外機、木々のざわめき
40dB 図書館、静かな住宅地
30dB 郊外の深夜、ささやき声
20dB 木の葉の触れ合う音、秒針の音
10dB 蝶の羽ばたき、呼吸音
0dB 何も聞こえない

日常生活をしている昼間の場合、70dB以上ならばうるさい、60dB〜50dBなら普通40dB以下なら静かということになります。

住宅地の騒音レベルについて

では住宅地ではどれぐらいの騒音レベルならば苦情が来ることになるんでしょうか。

こちらは環境省からちゃんと基準数値が出ています。

住宅地の場合、昼間は55dB以下夜間は45dB以下という基準が設けられています。

また2車線以上の道路に面している地域の場合、昼間は65dB以下、夜間は60dB以下といった条件等も設けられています。

生活の中の騒音レベルについて

では日常生活でどれくらい騒音が出るのか見てましょう。

エアコン 41〜59dB
換気扇 42〜58dB
洗濯機 38〜73dB
掃除機 42〜65dB
テレビ 55〜70dB

一般的な家電だと騒音レベルはこれぐらいの値がでるようです。

しかし今は家電使用時の騒音レベルはかなり下がっていて、夜間に使用しても苦情が来ないレベルのものも多いです。

仕事の帰りが遅くて夜間じゃないと洗濯ができない、という方は洗濯機を買うときに稼働時の騒音レベルの記載をちゃんとみるようにしましょうね。

まとめ

部屋でゆっくりしている時に、隣人がうるさいと感じ始めるのは50dB以上です。夜間だと45dB以上になるとうるさいと感じるようですね。

普段の会話は約60dB程度出るので”ただ喋っていただけなのに苦情が来た”という声をたまに聞きますが、それで苦情が来ることも実は仕方がないんですね。

ご近所トラブルにならないためにも、騒音問題はくれぐれも注意して下さい。

一人暮らしの騒音対策!隣人とトラブル前に気をつけること

スポンサードリンク

このページの先頭へ