一人暮らしの飲み物代は意外とかかる!かしこく節約するには?

飲み物代を節約しよう

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしの
飲み物代は意外とかかる!
かしこく節約するには?」
についてご紹介します。

実家暮らしではあまり
気がつかなかった事のひとつに
飲み物代って結構かかる
ということはありませんか?

家族と住んでいる時なら
気がつくとに冷蔵庫に
入っている飲み物ですが、
自分で買うとなると
結構な金額になってしまうんですよね。

そこで飲み物代を
なるべく減らすための
節約術を紹介したいと思います。

無駄な浪費を減らしてみましょう。

スポンサードリンク

一ヶ月にかかる飲み物代は?

水分を摂る男性

人間が1日に必要とする水分量は体重を30で割った値だとされています。

60kgの成人男性だとすると2ℓになりますね。もちろん食品にも水分は含まれるので、飲み物として摂る水分の目安は1.5ℓと言われています。

健康な暮らしをしている方は自然に1.5ℓ以上は水分を取っているかと思います。

仮に毎日500mlのペットボトル飲料を2本缶コーヒーを1本買ったとすると、150円×2本×30日で9000円と缶コーヒー120円×30円で3600円ですね。

合計12600円も毎月かかっている計算になります。

毎日飲み物を買ってしまっている方は知らず知らずこんなに浪費しているんですね。

飲み物は自分で作ろう

飲み物は自分で作ったほうがはるかに安いです。1ℓあたり10円程度で作ることが可能ですね。

スーパーや通販で売られている水出し麦茶などを自分で作って、水筒やタンブラーに入れて持ち歩くようにするとかなり経済的です。

これなら20円程度で1日に必要な水分量を補給することが出来ますね。

一ヶ月なら12000円もの節約になります。

どうしても飲みたい飲み物があるならスーパーか通販

飲み物はスーパーかコンビニで買う

それでもいつもお茶だと飽きてしまうこともありますよね。

そういう時は自動販売機やコンビニで買うのではなく、激安スーパーや通販で買うようにしましょう。

コンビニだと150円する商品でも、スーパーやネットなら100円程度で売っていることも珍しくありません。

1本あたり50円も安くなれば、一ヶ月で3000円近くは節約出来るはずですよ。

飲み会1回分と考えると大きくないですか?

缶コーヒーをやめてドリップコーヒーにする

コーヒーはどうしても飲みたいという方も多いと思います。カフェインがないと活力が出ないこともありますよね。

でも缶コーヒーを買うのは控えましょう。缶コーヒーよりもインスタントコーヒーやドリップコーヒーのほうがはるかに安いです。

社内にポットなどが置いてある場合は缶コーヒーを買うのをやめて、インスタントコーヒーに切り替えましょう。

インスタントコーヒーなら1杯あたり10円程度で飲むことが出来ます。

まとめ

自動販売機やコンビニを見かけたらついつい飲み物を買ってしまいがちですが、たかが150円とも言えど毎日買ってしまうとそれなりの出費になってしまいます。

かしこく節約するためにも多少手間は必要ですが、飲み物は自分で作るように心がけましょうね。

一人暮らしが捗る食材・食品って何がある?コスパが良いのは何?

スポンサードリンク

このページの先頭へ