一人暮らしで使うフライパンの大きさは?セットは買うな!

一人暮らしで使うフライパンのサイズは?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしで使う
フライパンの大きさは?
セットは買うな!」
についてご紹介します。

一人暮らしを始めたら
とりあえず買っておこうかなー
と考えるアイテムのひとつに、
フライパン”がありますよね。

でもはじめてフライパンを買う時は
どのサイズを選べば失敗がないか
わからないですよね。

そこで私の経験から
これさえあればなんとかなる
というフライパンのサイズを
紹介したいと思います。

スポンサードリンク

フライパンセットは結局使わない

最初はフライパンセットを選んでしまいがちですが、結局使うフライパンは限られてくるんですよね。

無駄にフライパンの枚数が増えてしまうので、置き場が増えてしまうだけです。

安易にフライパンセットは買わないようにしましょう。無駄に出費がかさむだけですよ。

26cmの深型フライパンがあればOK

26cm深型フライパンが一番万能だな、と私は感じました。

炒め物はもちろん、煮物やカレー、チャーハンなどどんな料理でもこのフライパンだけで調理出来ます。

小さいフライパンは必要?

基本的には入りません。一人分の料理を作るときは小さいフライパンのほうが熱伝導も良いしいるんじゃないの?と思うかも知れませんが、そもそも一人分の料理を毎回作るのが非効率です。

料理を作るときは多めにまとめて作って、残った分は冷凍して後日食べるようにしましょう。

でも朝食用に目玉焼きやソーセージが食べたい方は小さいフライパンも買っておくといいですね。20cm程度のものがいいでしょう。

小さいフライパンは卵焼き用を使う

また卵焼きを作りたい方は、卵焼き用フライパンを小さいフライパンとして兼用すると無駄にフライパンを買わなくていいですよ。

テフロン加工のフライパンを長く使うためには

今はきっと多くの方が鉄のフライパンでなく、フッ素樹脂加工が施されたフライパンを使っていますよね。テフロン加工やマーブル加工がそれに当たります。

フッ素樹脂加工のフライパンの寿命は2〜3年程度だと言われていますが、出来れば長く使いたいはずです。

テフロン加工のフライパンを長く使うためには、

  • 空焚きをしない
  • フライパンに傷がつきそうな調理器具を使わない(鉄製のフライ返しなど)
  • 急激に冷やさない
  • 金たわしなどで強くこすらない
  • 洗ったら水気を拭き取る

以上の点に気をつける必要があります。

まとめ

いかがでしたか?

フライパンを買う時はセット商品を選ばずに、26cm深型フライパンのみ買うようにしましょう。

そのあとに必要性を感じたら、小さいフライパンを買うようにしましょうね。

無駄なものは極力買わないように努めましょうね。

レパートリーが増える?一人暮らしで使える便利な調味料9選

スポンサードリンク

このページの先頭へ