一人暮らしを始める初期費用はいくらかかるの?安く抑えるコツは?

引っ越しかかる初期費用はいくら?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしを始める
初期費用はいくらかかるの?
安く抑えるコツは?」
についてご紹介します。

一人暮らしを始める前にまず気になるのが、
「一体いくらあれば
一人暮らしを始められるの?」
という疑問があるかと思います。

一人暮らしを始めるために
いくら貯めないといけないのか
把握できないとなかなか
踏み切れないですよね。

それになるべく費用は抑えたいと
誰しもが思うはず。

今回はかかる初期費用の金額と
なるべく抑えるコツを紹介します。

スポンサードリンク

敷金礼金、仲介手数料はいくらかかる?

まずは賃貸で必要な敷金礼金のお話ですね。

敷金とは家賃の1ヶ月〜3ヶ月分のお金を担保として家主さんに渡すお金のことですね。この敷金は綺麗にお部屋を利用すれば、退去する時にあなたに返還されるお金です。

もし退去する時に部屋に傷をつけてしまった場合でも、こちらの敷金から修理費用が支払われるため、あなたの保険と考えてもいいですね。

礼金とは大家さんに「部屋を貸してくれてありがとう」というお礼のお金のことですね。相場は家賃の1ヶ月〜2ヶ月程度になります。

こちらはあなたには戻って来るお金ではないので、部屋を探す時には注意が必要ですね。

最近では礼金0物件も増えてきて、よく見かけるようになりましたが、敷金礼金なしのお部屋は実はあとから後悔する物件が多いので注意が必要です。

敷金礼金なしはやばい?

仲介手数料とは部屋を借りる時に契約した不動産会社に対して支払うお金のことですね。

こちらは家賃1ヶ月分が相場となっています。

また仲介手数料なしの物件も徐々に増えてきていて、初期費用を抑えるためにはチェックしておきたいポイントになりますね。

仮に家賃を5万と設定した場合にかかる敷金礼金仲介手数料は、

  • 敷金…10万円
  • 礼金…5万円
  • 仲介手数料…5万円

合計20万初期費用がかかることになりますね。

敷金礼金仲介手数料を安く抑えるコツ

敷金礼金仲介手数料を安く抑えるコツは、単純に交渉ですね。

敷金は退去時にかかるお金のことを考えるとあまり交渉すべきお金ではありません。

安く抑えることが出来るのは礼金と仲介手数料ですね。

礼金と仲介手数料は意外と「もう少し安くなりませんか?」と不動産担当者に交渉すれば安くなることが多く、礼金を半額、仲介手数料を半額、なんてことも十分あり得るケースです。

家主さんも不動産屋も空き部屋が長く続くことが一番避けたいことなので、空き部屋を埋めるために礼金と仲介手数料を安くすることによって早く入居者を決めたい、という思いがあるんですね。

特に6月や9月は引っ越しをする人口が減ってしまうため、そういった値引きのサービスを積極的に行う傾向にあります。

ただ引っ越しシーズンである3月4月は部屋を探している人が多いため、安くする交渉はうまくいかないことが多いですね。

ちなみに私は11月頃に引っ越した時は、家賃1万値引き礼金なしという交渉がうまくいったことがあります。笑

他にかかる初期費用について

敷金礼金仲介手数料以外にかかる初期費用としては、

  • 前家賃…入居日から1ヶ月分の家賃を先に支払うお金
  • 火災保険…部屋の火災保険。相場は1万5千円ほど。
  • 引っ越し費用…一人暮らしの場合相場は3万円ほど。

一人暮らしを始める時にかかる初期費用の合計は?

以上をすべて合計すると、

29万5千円

となりました。

これはあくまで礼金仲介手数料をそのまま支払った金額で計算しているので、これを基準に安く抑えるように考えればいいと思います。

この値段から3万〜4万は値引き出来るかと思います。

また引っ越し業者を使わずに宅配業者を利用することで、荷物を運ぶのに安く抑えることが出来ます。

ベッドや冷蔵庫など大きな荷物を運ぶ予定がないなら、宅配業者の単身引っ越しサービスを利用すると1万円程度に抑えることが可能です。

鍵交換代はこちらが払わないといけないの?

鍵の交換代は誰が払う?

契約書に判を押す時に気になる欄が…

「鍵交換代…2万円

高い!しかも鍵の交換って新しく借りる人が払うの?と疑問に感じますよね。

こちらは国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に記載されている点なんですが、本来は大家さんが支払うべきお金になります。

しかしあくまでガイドラインとなっており、契約書などに「鍵の交換費用は入居者が支払う」と書いてあれば特約として有効になるんですね。

そのため契約前に必ず大家さんに確認するようにしましょう。

確認するときも角が立たないように「国土交通省のガイドラインによると、鍵の交換費用はこちらの負担ではないと思うんですけどいかがですか?」と相談するようにしましょう。

あるデータでは鍵の交換費用をこちらからとっておきながら実は交換してない…なんて悪質な大家が一定数存在しているようです。

のちのちトラブルにならないためにも必ず契約前に確認しましょうね。

それでもあなたの負担でお願いします、と言われた場合はセキュリティ上ちゃんと交換費用を払うようにしてくださいね。

家具家電はどうする?

一人暮らしを始めるなら当然家具家電も必要ですよね。

一人暮らしで最低限いるものって何?必要なものは2つだけ?

家具家電に関してはこちらに記載しているので参考にしてみて下さい。

まとめ

以上が一人暮らしを始める時にかかる初期費用についてでした!

引っ越しって本当に面倒くさいですよね…

でもきっと新しい楽しい暮らしも待っているはずです!

引っ越し費用の計算が面倒くさい!という方は引っ越し一括見積もりを使うのも一つの手ですよ♪

簡単引っ越し一括見積もりはこちら

今ならwebから見積もりすると、引っ越し料金55%オフキャンペーン中です。

スポンサードリンク



このページの先頭へ