一人暮らしの騒音対策! 隣人とトラブル前に気をつけること

騒音トラブルに遭う前に気をつけること

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしの騒音対策!
隣人とトラブル前に気をつけること」
についてご紹介します。

一人暮らしで
気をつけたいことのひとつに
隣人とのトラブル回避
があると思います。

中でも騒音トラブルに出くわす
ことが一番多いかと思います。

被害者になることもありますし、
気付かない間に加害者になっている
可能性もあります。

そこで今回は気付かない間に
加害者にならないために、
苦情が来ないように
自分が出来る対策について
考えたいと思います。

スポンサードリンク

深夜の家事は控える

深夜に洗濯機を回すのはやめよう

仕事の帰りが遅くてどうしても家事を深夜にやらなくてはいけない人は数多くいますよね。

でもその深夜の家事が原因で騒音問題になることは珍しくありません。

特に洗濯機の音の苦情が多いですね。

他にも掃除機の音や、食器を洗う音など、家事に関する騒音はよく取り上げられます。

仕事の帰りが遅くて家事をする時間が遅くなってしまう人は、仕事が休みの日に行うなど対策をするといいでしょう。

足音に注意

なかなか気をつけにくいのが足音です。

自分では気をつけていると思っている人でも、疲れていて無意識に足音が大きくなってしまっている可能性もあります。

自分の部屋の床は下の階の天井”という意識を持って生活する必要があるでしょう。

一度でも足音がうるさいと注意されたことがある人は、床にラグやカーペットなどを敷いて衝撃が吸収されるようにするといいでしょう。

ドアや窓の開閉音に注意

気を抜きがちなのがドアや窓の開閉音です。

トイレのドアやお風呂のドア、玄関などのドアを閉める音は勢いが余るとかなりの音量になります。

小さなことですが、そういった積み重ねが騒音トラブルになりかねません。

ドアや窓は静かに閉めるように癖をつけておきましょう。

テレビの音量に気をつける

テレビの音量に注意

ついついテレビを見ていると音量が大きくなっていることもあります。

テレビの騒音問題では実際に裁判になり、20万円以下の罰金を命じられたケースもあります。

早朝・深夜帯などの音量には特に注意しましょう。

電話の音量に注意

電話だと相手に声を届けるためについつい音量が大きくなってしまいがちです。

電話をする際はイヤホンマイクを繋げて、マイクを口元に持ってくるなど対策をするといいでしょう。

間取りによってはベランダに出て電話をすることも良いですね。

まとめ

騒音トラブルは裁判に発展する危険性も、事件につながる危険性もあります。

トラブルに合わないためにもまずは自分から騒音を出来るだけ出さないように注意しましょう。

また隣人がうるさくても”お互いさまという心を持つ”ように心がけると良いでしょう。

人が生活する上で多少の音はつきものです。

お互いが許しあえるようにまずは自分から気をつけるようにしましょうね。

騒音の苦情が来るのは何bB?トラブルを避けるための目安や基準

スポンサードリンク

このページの先頭へ