一人暮らしならアポなし訪問は居留守をするべき6つの理由

アポなしチャイムには出るな

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしなら
アポなし訪問は居留守を
するべき6つの理由」
についてご紹介します。

一人で部屋で過ごしていると
突然「ピンポーン」と
予定もないのにインターホンが
なった経験ってありませんか?

なにかネット注文した覚えもないし、
誰が来たんだろうと
不安になりますよね。

そんな身に覚えのないチャイムは
必ず居留守を使いましょう

居留守を使うなんて
なんだか相手に申し訳ない
と感じるかも知れませんが、
居留守を使わないと
思わぬトラブルに
巻き込まれるかも知れません。

スポンサードリンク

宗教勧誘の可能性

熱心な宗教家

今ドアの前にいるのは熱心な宗教家かも知れません。

よく分からない神の話を小一時間話される可能性もありますし、集会に参加しませんか?と純粋な顔をして誘われる可能性もあります。

あの手の方達を断るのは結構な体力を必要とします。

そして一度出てしまうと、「あ、この家の方は訪問に応じてくれる人なんだ。」と錯覚し、今度は仲間を引き連れてやってくるかも知れません

何度訪問されても出ないでいると相手も諦めます。

一度出たら終わりと考えておく必要があるでしょう。

新聞勧誘の可能性

新聞の勧誘も結構しつこいです。

とりあえずお試しで一週間どうですか?と何度も来ることもあります。

今はネットニュースも豊富ですし、あまり新聞を読む習慣はなくなってしまいましたよね。

それは新聞社の方達が一番感じていることだと思います。

故に勧誘するほうも必死です。

新聞の熱心な勧誘に関わりたくない方はドアの前に見知らぬ人が立っていたらスルーしましょう。

NHKの支払い催促の可能性

引き落としなどの設定をしていない方のお宅にたまにやってきます。

テレビなどを設置している家は原則支払いが命じられますが、NHK受信料の支払いは義務ではありません。

なのでNHK受信料のやり取りが面倒な方はまず出会わないことがスルーする鍵です。

こちらでNHK受信料について詳しく記事にしているので参考にしてください。

リンク

ストーカーの可能性

ストーカー被害

女性の方は注意が必要です。一人暮らしだとなおさらです。

見知らぬ人の訪問は本当にどんなトラブルが潜んでいるか分かりません。

アポなしチャイムは居留守が鉄則です。

セールスマンの可能性

野菜の移動販売や、刺身の切り売り販売など、現在は詐欺まがいのセールスも多様化しています。

そういったセールスは同業者間で分かるように郵便ポストなどにチェックマークを入れているケースもあります。

一度ドアを開けると良からぬ業者に目をつけられてしまうこともあります。

ドアを開けないことが目をつけられないポイントになります。

水道点検を装った空き巣の下見の可能性

水道点検でーす!と意気揚々と入ってきた男はもしかすると空き巣の下見をしに来ている可能性があります。

特に一人で来ている業者風の男は怪しいです。手荷物もなしに大家の名前と大手会社の名前を名乗り、相手を安心させて家に侵入してくる輩もいます。

急に点検などどいって訪問してくる相手には注意が必要です。

まとめ

アポなしの訪問は本当に危険が潜んでいます。

女性の場合特に注意が必要でしょう。

宅配便の予定もないのにチャイムがなったら無視が鉄則です。

くれぐれもトラブルに合わないように気をつけてくださいね。

一人暮らしを始めたら隣人に引っ越しの挨拶はする?しない?

スポンサードリンク

このページの先頭へ