一人暮らしで揚げ物をした時に油の処理の仕方とは?

使用済み油の処理方法

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしで
揚げ物をした時に
油の処理の仕方とは?」
についてご紹介します。

一人暮らしで揚げ物をすると、

使った油はどうやって
捨てたらいいんだろう?

いつまでこの油は使えるんだろう?

どうやって保存したらいいんだろう?

と疑問に思ったことはありませんか?

油はちゃんと処理をしないと
環境汚染にもなりますし、
シンクの詰まりの原因にもなります。

まだ使えるはずの油を
捨てるのも勿体無いですよね。

そんな油の処理の方法、
保存方法などを紹介します。

スポンサードリンク

一度使った油はいつまで使える?

揚げ物油いつまで使える?

揚げ物で油を使用した場合、1度使っただけで捨てるのは勿体無いです。油に残ったカスをキレイに取り除けば、油の酸化を防いで3〜5回程度は使えます

揚げ物をした後に、残ったカスをなるべく放置せずに、カス揚という揚げ物をすくう網で素早くカスを取り除きましょう。

「網で取り除けないような細かいカスがどうしても残ってしまう」という場合は、ご飯(炊いたもの)を油の中に少量投入して、網で軽く混ぜましょう。

するとご飯に細かいカスが引っ付いて、カスを取り除くことが出来ます。

この時に油の温度が高すぎると、ご飯が跳ねてしまうことがあるので、150℃程度が適温です。揚げ物が終わって火を消してから網でカスを拾って、ちょっと冷めたかなーと思った時に投入するといいでしょう。

このご飯で細かいカスを丁寧にうまく取れば、5回ほどは利用することが出来るので、長く使うためにもカスはキレイに取り除きましょうね。

使った油の保存方法は?

そのまま鍋に入れたまま保存してしまうと劣化が早くなり、使用回数が減ってしまいます。

オススメの保存方法は、オイルポットという油を保存するための専用容器に入れて、保存する方法が一番油の劣化を防ぐことが出来ます。

ちなみに私は↑の商品を使っています。ろ過フィルターもついているので、さらにキレイに油を保存することが出来ますよ。

でも油を保存するだけの商品なのに正直ちょっと高いです。笑

そんな方は1000円程度でもオイルポットは売られているので、そちらを購入するといいでしょう。

油の劣化はどう確認すればいい?

油の劣化を判断するには5つのポイントがあります。

  • 色:底が見えないくらい濃い
  • 泡:細かくて消えない泡が多い
  • 煙:揚げ物を投入していない時も出る
  • 粘:油がドロッとしてくる
  • 臭:油独特の臭みが強くなる

以上の5つをポイントに捨てるか再利用するか判断するといいでしょう。

油はどうやって捨てればいい?

牛乳パックで油を処理

一番ベタな処理の方法は、牛乳などの紙パックに油を注いで、新聞紙など不要な紙に染み込ませ、燃えるゴミと一緒に出す方法です。

でも一人暮らしだと新聞紙がすぐ手元になかったり、紙パックがないこともあるでしょう。

そんな時はゴミ袋などのビニール袋に、油を吸い込むようなちり紙やチラシ等が入れて油を注ぎ、油が漏れないように注意して一緒に燃えるゴミとして出しましょう。

もちろん油の処理は完全に油が冷めてから行うようにしましょう。まだ熱いまま処理を行ってしまうと火事の原因になりかねません。

油凝固剤という、油を固めて燃えるゴミとして出す方法もあります。500円もしない商品なので、こちらも検討してみてはどうでしょう。

また使い切った油の容器は「その他プラスチック容器」に分類されるので、住んでいる各自治体の処理方法を確認するようにしましょう。

まとめ

以上が揚げ物をした時の油の処理方法です。

揚げ物で使用した油が古くなった場合は、紹介した方法で処理することが出来ますが、炒め物に使用する油としても再利用することが可能です。

炒め物で油を使用する際は、揚げ物に比べて油の劣化のよる臭い移りなどが少ないので、いちいち処理するのが面倒な方は、炒め物ようとして保存するのもいいでしょう。

決して油はそのまま捨てずに、適切な処理を行いましょうね。

一人暮らしのキッチンに置くゴミ箱のベストサイズは何リットル?

スポンサードリンク

このページの先頭へ