一人暮らしの寂しい生活にインコの鳴き声で癒されよう

インコ飼ってみませんか?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしの
寂しい生活に
インコの鳴き声で癒されよう」
についてご紹介します。

一人暮らしを長くしていると、
何かペットでも飼おうかな…
と一度は考えたことが
あるんではないでしょうか?

一人暮らしは淋しいですし、
喋る相手もおらず
帰っても独りぼっちですよね。

そんな淋しい生活に
インコを飼ってみては
どうでしょうか?

インコがいれば
鳴き声にも癒されますし、
会話だって出来るかも?

スポンサードリンク

インコを飼う費用は?

インコを飼う値段相場は?

インコを飼うって言われてもどれだけのコストがかかるかあまり知らない人の方が多いんじゃないですかね?

それではまずインコを飼うにあたってどれだけ費用がかかるか見てみましょう。

セキセイインコの値段

インコと聞けば多くの方がセキセイインコを思い浮かべると思うので、セキセイインコの値段相場を調べてみました。

セキセイインコのお迎え価格相場は3000円〜7000円程度と、意外とお手ごろな値段で飼うことが出来るんですね。

羽の色を様々な種類があるので、値段はまちまちといったところでしょうか。

ヒナだと比較的安めで、すでにしつけなどがされている場合は値段が加算されている印象ですね。

籠・ケージの値段

ケージの値段相場は5000円〜10000円程度のものが多いですね。

インコのサイズに合わせて購入するといいでしょう。

掃除をすることも考えて解体しやすい形のものや、インコが飛んだ時にケガをしないように、少し大きめのものを選ぶと失敗しないですよ。

エサ代の値段

エサ代はシード飼料という種のようなエサが月に800円程度です。

たまにおやつを与えても1000円程度しかかからないですね。

ヒーターの値段

インコは寒さに弱いためヒーターが必要になります。成長すると不必要になることもあるんですが、ヒナだと必須ですね。

ヒーターは3000円程度で専用のバードヒーターが販売されているので、そちらを購入するといいでしょう。

1ヶ月付けっぱなしにしても電気代は100円程度しかかからないので、家計を圧迫することもないと思います。

1ヶ月のランニングコスト

主にエサ代1000円程度とヒーター代100円だけなので、設備を整えてあげれば1100円程度でセキセイインコを飼うことが出来ます。

これだけお手ごろなら一人暮らしで金銭的に余裕がなくても、ペットを飼うことが出来ますね。

インコを飼うおすすめポイント

こんな可愛い動画をみてしまえば、インコ飼ってみたい!となるんではないでしょうか?

話しかければ言葉も覚えてくれるし、こんなヘンテコなダンスを突然踊られたら笑ってしまいますよね。笑

疲れて帰ってきたら癒されること間違い無しですよ♪

飼育費用が他のペットに比べると比較的安価なのも魅力ではないでしょうか。

インコを飼う注意点

もちろんですがペット可の賃貸で飼ってくださいね。

ペット不可のところで飼って後で管理人にバレたら、せっかく飼ったインコちゃんとお別れしないといけないかも知れませんよ。

ペット可の住宅は多くの場合が鉄骨以上の造りになっているかと思いますが、もし木造など遮音性の低い住宅であれば騒音問題にも繋がる可能性があるので注意しましょうね。

インコを飼い始める時期は春か秋のどちらかにしましょう。

寒い時期や暑い時期に生まれたインコは体力が環境についていけず、すぐ亡くなってしまうことも珍しくありません。

なので比較的環境が穏やかな春や秋に飼い始めることをオススメします。

ヒナにも性格があるので、飼う時にはペットショップでどんな子と過ごしたいかちゃんと選んであげましょうね。

そして実は言葉を覚えるインコは”男の子だけ”なんです。

中には女の子でも言葉を覚えることがありますが結構レアケースです。

なので言葉を覚えさせたいなーと考えている方は男の子を選んであげましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

インコの魅力に少し興味を持っていただければ幸いです。

一人暮らしが淋しいなーと感じている方は検討してみてはどうでしょうか?

ペットショップであなたのお迎えを待っているかも知れませんよ。

ほかにも一人暮らしでのペット情報をまとめているので良ければ参考にしてみて下さい♪

一人暮らしで猫を飼うためのポイント

一人暮らしで犬を飼っても大丈夫?

一人暮らしでウサギは飼えるのか

一人暮らしで熱帯魚を飼ってみよう♪

一人暮らしでフェレットは飼える?

一人暮らしのハムスターの飼い方

スポンサードリンク

このページの先頭へ