一人暮らしの電力自由化はどこが安い?高い?賃貸でも出来るの?

電力自由化は安い?高い?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしの
電力自由化はどこが安い?高い?
賃貸でも出来るの?」
についてご紹介します。

2016年4月から
電力自由化が行われますね。

日々ニュースで見かけますが
電力自由化で私たち国民の生活は
どう変わるの?と疑問に思うことも
多いですよね。

電気代が安くなるのか、高くなるのか
手続きはどうしたらいいのか、
マンションやアパートの賃貸でも
自由化は可能なのかなど
様々な疑問について
お答えしたいと思います。

スポンサードリンク

なぜ電力自由化が始まるの?

なぜ電力自由化が始まる?

そもそもなぜ電力自由化が行われるのでしょうか。

1990年イギリスから電力自由化は始まり、電力会社の独占体制を取り払いました。独占体制はエネルギーを安定供給出来るメリットはあるものの、市場競争が行われないためサービスの向上が乏しく、電力を自由化することによってサービスを向上させようということから行われました。

現在海外ではアメリカやヨーロッパなど多くの国で電力自由化が行われています。

実は日本では2000年から電力自由化は始まっており、比較的使う電力の多い企業の大きなビルや工場に限定されて実施されました。

後にコンビニや小中学校や市役所、銀行など対象の建物が増えていき、2016年4月には私たちの一般家庭まで電力自由化が進められることになりました。

これまで企業をメインとした電力自由化でしたが、なぜ今急速に一般家庭まで電力自由化の波がやってきたかと言うと、2011年3月に起こった東日本大震災が関係しています。

地震の影響による原発事故で電力が不足して料金も上がり、安定供給をしていたはずの電力会社の独占的な体制が一般家庭にも大きな影響を与えることに繋がってしまったのです。

そしてここから電力自由化の進行は一気に加速したわけですね。

電力自由化で料金は安くなる?高くなる?

実は海外では電力自由化で電気料金の低減に成功した国はまだいないんです。

2000年頃までは各国電気料金の低下に成功したんですが、原油価格の高騰により現在は電力自由化後のほうが料金は高くなってしまっています。

国際的な目で見れば、元々日本の電気料金は高く、電力自由化により安くなってくれればいいですが海外の事例を参考にすると不安な部分も多いです。

今は電力自由化により料金が安くなりますよ、といった声を多く聞きますが長い目で見ると不透明であると言えるでしょう。

では私たち消費者はどういう目線で電力会社を選べばいいんでしょうか。

どこが安い?電力会社はサービスで選ぶ

電力会社の選び方

現在発表されている電気料金は各社とも大きな差はありませんこれは大幅な価格変動を抑制するためにこれまでの電力会社を元に料金設定を行うように国の審査があるからです。ただ契約を見直すことが出来るので、賢く料金を下げることは可能です。

各社は他社との差を図るために、セット割引やクリーンエネルギーを使った環境保護に力を入れている企業もあります。

ガス料金とセットにすると割引されたり、ケータイのポイントが貯めることが出来てケータイ料金の支払いに使えるなど、各社様々なサービスを提供しています。

また電力自由化によって全ての電力会社が選べるわけではなく、地域によって使える電力会社が変わるので、これを選べば一番お得!といった電力会社はライフスタイルで大きく変わるのでここがオススメ!といったことは個人で変わってしまうんですね。

なので価格コムの料金比較を使うとあなたがどこの電力会社を使えて、どんなサービスを受けられるか比較できるので、これを参考に電力会社を選ぶといいでしょう。

申し込みはネットから簡単に行うことが出来る会社が多いので、すぐ申し込むことが出来ます。現在契約している電力会社に連絡する必要もないので、簡単に切り替えが出来ますよ。

マンション・アパートなどの賃貸でも可能?

マンションやアパートなどは建物でひとつの電力会社と契約している場合があるので、管理会社や大家さんなどに聞いてみるのがいいでしょう。

基本的には自由に契約することが出来ます。

まとめ

一般家庭の電力自由化によって、わたしたちの生活がどう変わるかは始まってみないと分かりません。

少しでもお得に電気を使えるように、あなたにあった電力会社を選ぶようにしましょう。

年間契約を行っている会社が多いので、はじめに間違った選び方をすると1年〜2年電力会社を変更することが難しいので、よく検討しましょうね。

一人暮らしでお金がない…貯まらない原因は管理・使い方にあり?

スポンサードリンク

このページの先頭へ