リフォームとリノベーションの違いとは?賃貸で選ぶならどっち?

リフォームとリノベーションの違いは?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「リフォームとリノベーションの
違いとは?賃貸で選ぶならどっち?」
についてご紹介します。

賃貸を探していると一度は、
リフォーム・リノベーション物件
というのを目にしたことがあるかと思います。

リフォームは昔からある言葉ですし、
イメージしやすいかと思いますが、
リノベーションってなに?
と感じる人も多いのではないでしょうか?

そこで今回は
リノベーションとリフォームの
違いについて紹介したいと思います。

物件選びの参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

リフォームとは

リフォームとは一般的に”老朽化した建物を新築の状態に戻す”ことを意味します。

賃貸の表示の中には、入居者が退去した後、その入居者が借りる前の状態に戻すことでリフォーム済みと書いてある物件もたまにありますね。

マイナスの状態からゼロの状態に戻すことを目的としているため、汚れた壁紙の張り替えや傷ついたフローリングの張り替えなどがリフォームに該当します。

リノベーションとは

リノベーションとは建物を活かしながら、給排水、電気、ガスの配管など全面的に作り変えることを意味し、新築以上の価値を見出す場合に用いられます。

中古物件に大掛かりな改修を行うことで、新たな付加価値をつけて中古物件を再生する意味合いが持たれています。

リフォーム<リノベーション

リフォームよりもリノベーションを選ぼう

リフォームが原状回復であるのに対し、リノベーションは物件に付加価値をつけるので物件を選ぶ時はリノベーション物件を選ぶといいでしょう。

リノベーション物件ならば築年数がある程度経過していても、冷暖房換気設備やガス水道設備も新しくなり性能もアップします。

リノベーション物件はリフォーム物件と違い、”新しく生まれ変わった新築物件”として捉えていいでしょう。

リフォームなのかリノベーションなのか必ず担当者に聞く

物件の中には本当はリフォーム物件なのにリノベーション物件と表記している不動産会社もあります。

リノベーション物件と表記されているのに、水道から赤錆が出てきたり、換気設備が古いように見えたら「本当にリノベーションですか?リフォームと間違っていませんか?」と聞くといいでしょう。

リフォームはリフォーム会社に依頼すると、マンションの場合300万〜400万で依頼できますが、リノベーションの場合700万〜1000万程度かかります。

それほど工事の内容に差が出るので、設備も新しくなっていて当然です。それなのに設備が古い場合は表記を偽っている可能性も出てくるので、”リノベーションなのにちょっと古いなぁ”と感じたら注意が必要でしょう。

ただのリフォーム物件なのに、リノベーション物件同等の家賃が設定されていることもあるので気を付けましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

築年数がある程度経過している物件をお探しの方は、リフォーム物件よりもリノベーション物件を探すと比較的綺麗な部屋が見つかりますよ♪

ぜひ参考にしてみてくださいね。

一人暮らしの築年数の目安は?何年いないが良い?古いのはダメ?

スポンサードリンク

このページの先頭へ