一人暮らしの専有面積の目安は?おしゃれな部屋は◯平米以上!

一人暮らしの専有面積の目安は?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしの
専有面積の目安は?
おしゃれな部屋は◯平米以上!」
についてご紹介します。

一人暮らしを始める
物件を探している時に、
専有面積はどれくらいの広さが必要なの?
と疑問に思ったことはありませんか?

間取りはワンルームや1Kでも、
専有面積が変われば
広さはもちろん
部屋の雰囲気もかなり変わります。

そこで暮らしに合わせて
ほどよい専有面積がどの程度なのか
調査してみました。

スポンサードリンク

最低限で質素な暮らしがしたいなら12㎡〜17㎡

とにかく家賃を安く抑えて質素な暮らしでいいという方は12㎡〜17㎡で事足りるでしょう。今流行りのミニマリストの方向けですね。

12㎡以上ならぎりぎりバス・トイレ・バルコニーがついている物件が出てくると思います。

リビングの広さは4.5帖〜6帖程度のものが多いですね。

ただやはり専有面積的には狭いので、変な間取りの物件が多かったり、古い物件が多いです。

家具を置くとかなり狭くなってしまうので、家に人を呼ぶ機会がある方はもう少し広い部屋がいいですね。

ゆとりある一般的な暮らしがしたいなら18㎡〜22㎡

バストイレ別でキッチンがあってちゃんとベランダもある、という一番一人暮らしの間取りとしてイメージされやすい広さですね。

これくらいの広さなら部屋にベッドを置いても、座るスペースも確保出来る広さだと思いますね。

初めて一人暮らしをする方ならこれぐらいの広さがベストだと言えるでしょう。

広すぎず狭すぎず、空間を持て余すこともないですね。

とりあえず一人暮らしがしてみたいなら、この広さをオススメします。

おしゃれかつ同棲も視野に入れた暮らしがしたいなら25㎡以上

おしゃれな部屋を作るなら25㎡以上

インテリアにもこだわって、後々共同生活や同棲がしたいなら25㎡以上がいいですね。

25㎡以上ならリビングも8帖以上の部屋も多く、部屋が狭くて置きたいインテリアが置けない、なんてこともないですね。

またベッドも大きいものが置けるので、二人で住んでも問題ないでしょう。

それに25㎡以上になると、キッチンやバストイレにこだわっている物件も多く、備え付けの家電が綺麗で、内装外装共に綺麗な物件も多いです。

自分が持っている理想の部屋を実現させたいなら、25㎡以上をオススメします。

一人暮らしで失敗しないためのインテリアを選ぶポイントとは?

まとめ

いかがでしたか?

部屋の広さは暮らし方によって最適な広さがあると思います。

あなたのライフスタイルに合わせて、専有面積を選ぶと失敗が少なくなるでしょう。

スポンサードリンク



このページの先頭へ