一人暮らしの狭い部屋でも広く見せるコツとテクニックとは?

部屋を広く見せるコツ

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしの
狭い部屋でも広く見せる
コツとテクニックとは?」
についてご紹介します。

一人暮らしだとどうしても
家賃などを考えて、
6畳ワンルームなどの
部屋に住まれている方が
多いかと思います。

でもワンルームだとどうしても
部屋が狭く感じるかと思います。

部屋が狭くても少しのコツと
テクニックで部屋を広く見せる
ことが可能なんです。

広い部屋に引っ越しを考える前に、
まず部屋を広く見せる
工夫をしてみましょう。

スポンサードリンク

床を多く見せる

床を広く見せるコツ

床全体をラグで覆ってしまっていたり、必要以上に家具を置いていたりしていませんか?

実はフローリングが隠れて見た目の床面積が減ると視覚的に狭く感じてしまうのです。

ラグは必要最低限の大きさにすることを意識して敷くようにし、家具は床面積に対して3分の1程度に抑えると部屋を広く見せることが出来ます。

入り口から見える位置に視界を遮る物を置かない

部屋に入った時に、視界に背の高い家具や、視界を遮る物があると、部屋に圧迫感を与えます。

棚など背の高い家具を部屋に置いている場合は、入り口から見えない壁際に置くなどすると、視界が開けて部屋を広く見せることが出来ます。

光が多く入るように家具を配置する

光を多く取り入れる

窓の周りに家具が配置されていると、部屋に入る光量が減ってしまい、部屋が窮屈に感じることがあります。

部屋に十分な光が入ると部屋が広く見えるので、光を遮るように家具が配置されている場合は、家具のレイアウトを変えてみましょう。

白を基調とした部屋にする

白を基調としたシンプルな部屋にすることで、圧迫感を軽減して部屋を広く見せる効果があります。白は光を反射させる効果もあるので、光の効果で部屋を広く見せる効果も期待出来ます。

大きな鏡を置いて広く見せる

大きな鏡を置くと、奥行きのある空間があるように見せることが出来るので、狭い部屋でも広く見せることが出来ます。

鏡のフレームも白を基調としたものや、部屋にマッチした色を選択すると、鏡が邪魔になる心配もありません。フレームが細いと尚広く演出出来ますね。

背の高い家具を減らす

背の高い家具があると部屋に圧迫感を与える原因になります。

家具は腰よりも低い物を選んで、壁が多く見えると、天井までの距離が高く見えるので、開放感が生まれます。

透明のインテリアを置いてみる

テーブルはガラス製などにしてみると、視覚を遮ることがないので、部屋が広く見えます。

シャワーカーテンなども透明にすると、お風呂場に奥行きが生まれて広く見えますね。

オープンスペースを確保する

部屋の空間を作る

家具を均等に置いて、全体的に通路を作るよりも、ソファーやテーブルを1箇所にまとめて、オープンスペースを作ると、視覚が広がって部屋が広く見えます。

まとめ

以上が狭い一人暮らしでも、部屋を広く見せるためのコツやテクニックです。

少しの工夫で部屋を広く見せることが可能なので、ぜひ試してみて下さいね。

空間をうまく使うコツを覚えれば、狭い部屋でも快適な部屋を作ることが出来ますよ。

一人暮らしで失敗しないためのインテリアを選ぶポイントとは?

スポンサードリンク

このページの先頭へ