学生一人暮らしの食費は1ヶ月いくらが相場?どう削る?

学生一人暮らしの食費は?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「学生一人暮らしの
食費は1ヶ月いくらが相場?
どう削る?」について紹介します。

一人暮らしで気になるのは、
食費が一月にいくらかかるのか
というところですよね。

食費は削りやすい経費でもありますが、
毎月必ず必要なものですよね。

特に学生だと、仕送りが
多くあればいいですが、
多くの学生は空いた時間に
アルバイトを入れて、
生活費を賄っている人が
多いんじゃないですかね?

1ヶ月の食費の相場を知る事で、
自分がどれだけ食費を使っているか、
またはどうやって削ればいいか、
紹介しますね。

スポンサードリンク

学生の1ヶ月の食費の相場は?

一人暮らしの食費の相場

現代は朝食を抜いて学校に行く方が多いですよね。それを考慮して、朝食は取らないといった形で相場を計算してみます。

お昼は学食を食べる方が多いかと思います。学食の値段の相場はうどんや中華そばなどの安価な食事だと200円程度、定食や日替わりランチなどだと500円〜700円程度のものが一般的ですね。

なので間をとって、昼食は400円と仮定しましょう。

夕食は友人とファミレスや牛丼屋、ラーメンを食べに行ったり、サークルの飲み会やゼミの交流会などがあったり、金額にむらが出やすいと思います。

よほど飲み屋に行ったりしなければ、平均値を取ると600円程度になるかと思います。

結果1日にかかる食費が1000円になるので、1ヶ月にかかる食費は3万円になります。

調査した中では食費が月に5万円程度かかる、といった学生もいましたが、原因はやはり外食のしすぎですね。

外食を含めても月に3万円を超えるようだと、あなたの食費はかかりすぎと考えていいと思います。あくまで学生の話ですけどね。

ではどうやってこの食費を削ればいいんでしょうか。

私は学生時代に食費を月1万円以下に抑えていました。

どうやってそこまで食費を削ることが出来たのか、紹介するので参考にしてみて下さい。

限界まで食費を削る方法

食費を削るためにはまず金額設定が大切です

月1万円を切る!と初めから無理な設定をしなくても大丈夫ですが、まずはあなたが月にいくら食費を使っているか、ちゃんと計算してみましょう。ある程度大雑把な計算でも数字を把握することが大切です。

今回挙げた相場である3万円だったとすると、普段の生活費や雑費に混ざらないように財布を分けておくことをオススメします。

食費を分けておくことで、月々の食費のむらが無くなり管理がしやすくなるので、無駄な食費を削る気持ちが湧いてきます。

食費を削る上では、このお金を管理するための意識が不可欠になります。削った食費でなにか買いたいものなどを決めておくと、気持ちが長続きしますね。貯金に回したい!という欲求でも良いですよ。

自炊が出来なくてもご飯は必ず炊く

あなたに自炊をするスキルがなくても、ご飯だけは必ず炊くようにして下さい。ご飯を炊くのが面倒だから、といった理由でコンビニ弁当などを買っていると、かなり食費がかさみます。

普段弁当を買っているところをおかずだけにすると、かなりの節約になります。

お米は10kg3000円程度で1ヶ月〜2ヶ月は持ちます。1食60円程度のご飯におかずを200円分買ったとしても、弁当を買うよりはるかに安いですね。

ご飯を炊くときは、毎回1合だけを炊くと光熱費がもったいないので、自分が食べる量よりも多めに炊いて、ラップなどで包むかタッパに入れて冷凍しておくと、光熱費も抑えることが出来ます。

アルバイトは飲食店かコンビニ

アルバイトは飲食店

飲食店、またはコンビニは食費を抑えながらお金を稼ぐことが出来るアルバイトです。飲食店の多くはまかないが付いていますし、コンビニでは廃棄の弁当やパン、デザートなどが貰えることもあります。

まかないが付いているかどうかは求人誌を見て確認するようにしましょう。

コンビニの廃棄については、貰えるか貰えないか店舗によって異なります。求人誌にそのまま載っていることもありますが、グレーな部分なので面接時に聞くほうが無難でしょう。

仕送りがなく、金銭面に余裕がない事を面接時に伝えて、廃棄を貰える職場なのかどうか確認してみるといいでしょう。

夕食はまかないで済ます、廃棄の弁当をもらう事によって、食費をかなり削れます。

出会いor時給?学生の一人暮らしのおすすめアルバイトまとめ

食費を月1万円以下まで削る方法

私が実際に月1万円以下まで削った方法は以上を実践しただけです。

朝は食べずに学校へ行き、お昼は学食で200円程度、夕食はアルバイトへ行ってまかないを頂く。休みの日はご飯を炊いておかずだけ買って済まし、たまに友人と外食をしても、大体1万円を越すことはありませんでした。

食費を削ることで、自分が自由に使えるお金を増やすことが出来たので、食費を削ることが苦になることは無かったですね。

まとめ

以上が学生が実践出来る食費をなるべく削る方法です。

食費を削ることが出来れば、使えるお金が増えるだけでなく、お金の管理の重要性にも気付くことが出来るので、今後社会に出たときに、賢くお金を貯めるためのプロセスも身につけることも出来ます。

お金の管理ははっきり言って面倒な事ですが、今後必ず生きてくることなので、学生のうちから初めてみませんか?

食費を削って、様々な可能性を広げてみましょう。

スポンサードリンク

このページの先頭へ