賃貸の壁に画鋲で穴を開けてもいい?釘やネジは退去時にお金がかかる?

賃貸の壁に画鋲で穴を空けても大丈夫?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「賃貸の壁に画鋲で
穴を開けてもいい?
釘やネジは退去時にお金が発生?」
についてご紹介します。

部屋を借りた時に気になるのが、
「ポスターや時計をかけるために
押しピンで壁に穴を開けてもいいのかな?」
と疑問に思ったことはありませんか?

大丈夫だろうと勝手に穴を開けて
後から請求がきた
なんてことになっても嫌ですし
悩みますよね。

今回はそんな疑問を
解決したいと思います。

スポンサードリンク

賃貸の壁に画鋲は刺してもOK でも例外あり

賃貸を借りた人は国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」にもある通り、「退去時には部屋を借りた時の状態にして下さいね」といった原状回復の義務を背負います。

ただ建物や設備は時間の流れとともに老朽化していきますよね。

普通に生活していれば、床に多少の傷がいったり、クロスに汚れが付くのも当然です。

そういった日常生活で自然にできた傷などは自然消耗と呼ばれ、これらの修繕は大家さんが負担することになっているんですね。

「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」には、

壁等の画鋲、ピン等の穴(下地ボ ードの張替えは不要な程度のも の) (考え方)ポスターやカレンダー等の掲示は、通常の生活において行われる範疇のものであり、そのために使用した画鋲、ピン等の穴 は、通常の損耗と考えられる。

と明記されており、常識の範囲内ならば画鋲、押しピンの穴は自然消耗とされるため、貸主が修復費用を負担することになっています。

ただ契約した証明書などに「壁に画鋲押しピン等で穴を空けた場合、修復費用は借主の負担とする」といった文言が書かれていた場合は、こちらが費用を負担しなければならないこともあるので、契約時には書類にはしっかり目を通しましょうね。

また過度に穴を空けてしまった場合も、常識の範疇でなければこちらの負担になるので注意しましょう。

釘やネジは大丈夫?

釘やネジ穴に関しては次のように記されています。

壁等のくぎ穴、ネジ穴(重量物を かけるためにあけたもので、下地ボードの張替が必要な程度のもの) (考え方)重量物の掲示等のためのくぎ、ネジ穴は、画鋲等のものに比べて深く、 範囲も広いため、通常の使用による損耗を超えると判断されることが多いと考えられる。なお、地震等に対する家具転倒防止の措置については、予め、賃貸人の承諾、または、くぎやネジを使用しな い方法等の検討が考えられる。

釘やネジは画鋲よりも大きな穴が空いてしまうため、「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」では自然消耗とされないことが多いとされています。

あくまで”多い”なので修復費用を負担しなくても大丈夫なケースもありますが、釘やネジを開ける際はお金を払わないといけないかも知れないと、頭に入れておくといいでしょう。

心配ならば釘やネジで穴を開けるよりも、画鋲を使った方が確実と言えますね。

でもやっぱり穴を開けるのが怖いという方は

それでも心配症な方は壁に穴を開けるのをためらうかも知れません。

そんな時は穴が目立たない画鋲を使うと良いでしょう。

ニンジャピンを使えば通常の押しピンよりもかなり穴が目立たなくなります。

まとめ

賃貸の壁紙に画鋲で穴を開けるのは大丈夫!というのが分かってもらえたかと思います。

でも心配な方はニンジャピンなどを使って目立たないように穴を開けるといいですね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ