一人暮らしで体調不良になる前に必要な常備薬や食料とは?

なんか体調悪いかも

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしで体調不良になる前に
必要な常備薬や食料とは?」
についてご紹介します。

一人暮らしの風邪は
誰も看病してくれる人がいないので
肉体的にも精神的にも辛く、
なるべくかからないように
気をつけたいですよね。

体調不良を感じたら、
風邪になってしまう前に
初期症状で治すのがベストです。

そこで風邪を完全に引かないように
初期症状で効き目のある常備薬などを
紹介したいと思います。

スポンサードリンク

初期症状には漢方薬

風邪の初期症状には漢方薬

風邪の引き始めには漢方薬が有効です。

市販の風邪薬と違い、眠気などの副作用がほとんどないので生活に悪影響を及ぼすこともないでしょう。

西洋薬は一つの症状に対してピンポイントで効果がある成分を配合しているため、どんな風邪を引いているのか特定しにくい初期症状の段階では選びにくく、比較的広い範囲で効果がある漢方の方が風邪の初期段階には有効なんですね。

寒気には葛根湯

初期症状で”寒気”を感じた場合には葛根湯が有効です。

葛根湯は発汗作用を持っていて、寒気を緩和する効果が期待できます。

肩のこわばりや頭痛を感じた時にも効果があるとされています。

鼻水・くしゃみには小青竜湯

鼻からくる風邪には小青竜湯が有効です。

小青竜湯は気管支拡張作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などの効果があり、鼻の通りが悪い時に効果がありますね。

花粉症で鼻水が出てしまう人にも有効ですよ。

喉の痛みには銀翹散

喉のイガイガを感じたら銀翹散(ぎんぎょうさん)が有効です。

銀翹散には喉の渇きをいやす効果、喉の痛みを緩和する効果が期待出来ます。

のど飴や蜂蜜、栄養ドリンクなども備えも

漢方に頼りたくない方はのど飴やはちみつ、栄養ドリンクなどを備えておくといいでしょう。

また風邪を引いてしまった時の食料として、冷凍うどんなども常備しておくといいですね。

貼るカイロでツボを刺激

風門を貼るカイロで温める

東洋医学では”風門”と呼ばれるツボを温めることで免疫力を高め、風邪の症状を緩和させることが出来るとされてまいす。

風邪の初期症状が現れたら、この風門に貼るカイロを貼って温めるといいでしょう。

風門の位置は、首を前に曲げた時に出る椎骨から指2、3本くらい下の位置から、外側に指2本程度離れた位置にあります。

まとめ

いかがでしたか?

一人暮らしの風邪は本当に辛いので、初期症状のうちに治してしまいましょうね。

もし初期症状の段階で治すことが出来なかったときは、こちらも記事も読んでみて下さい。

風邪を早く治すために心がける事とは?

スポンサードリンク

このページの先頭へ