一人暮らし用の洗濯機は何キロがオススメ?選び方のポイントは?

洗濯機を選ぶポイントは?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らし用の
洗濯機は何キロがオススメ?
選び方のポイントは?」
についてご紹介します。

一人暮らしを始める時に
様々な家電を購入するかと思いますが、
洗濯機は値段もそこそこしますし、
慎重に選びたいですよね。

でも洗濯機を初めて買う方は、
選ぶ時にどこをポイントにして
選べばいいか分からない部分も
多いかと思います。

では洗濯機を選ぶ時に
どんなことに気をつけるか、
ぜひ参考にして下さい。

スポンサードリンク

何キロの容量を選べばいい?

洗濯機は小さいものだと3kgから大きいものだと11kg程度のものがあります。

一人あたりの1日の洗濯物の量は平均1.5kgとされていますが、その内容はワイシャツ1枚(200g)、長袖肌着1枚(130g)、トランクス1枚(80g)、綿パンツ1本(400g)、タオル2枚(70g)、靴下1足(50g)、パジャマ上下1着(500g)と割と多めに設定されています。個人的には実際はもう少し少ないかなと思います。

これを参考にあなたの洗濯物の量の目安を計算して頂ければ大丈夫ですね。

一人暮らしだと家事に多くの時間をかけるのはもったいないし、正直面倒ですよね。

なので1週間分の洗濯物を一度に洗える容量のものを選ぶと失敗しないと思います。またシーツなどを洗う機会などもあるのでそれなりに大きいサイズのほうが便利です。

具体的には7kg以上のものを選ぶといいでしょう。

必ず事前に洗濯機を置くスペースの確認、運ぶ通路やドアの幅の確認を怠らないようにしましょう。

いざ購入してから置けない、通れないとなると失敗します。

洗濯機のサイズをよく確認してメジャーなどでしっかり測りましょう。

ドラム式?縦型?どっちがいいの?

現在はドラム式と縦型の洗濯機が販売されていますよね。

でもどっちを選べばいいのか、判断基準が分からないポイントでもあります。

ではそれぞれのメリットデメリットを見てみましょう。

ドラム式洗濯機のメリット・デメリット

メリット

  • 洗う時の水量が少なく、節水になる
  • 衣服が絡まりにくいので、衣服が痛みにくい
  • 縦型よりも空気に触れる面が多いので、乾燥機を使った時に乾くのが早い

デメリット

  • 縦型に比べると洗浄能力が低い
  • 設置サイズが縦型よりも大きい
  • 価格が高い
  • 開閉のドアの幅を確保する必要がある

縦型洗濯機のメリット・デメリット

メリット

  • ドラム式より比較的安価
  • 洗浄能力が高い
  • ドラム式より設置に幅を取らない

デメリット

  • 衣服をこすり合わせるもみ洗いなので、衣服が痛みやすい
  • 水を多く使うため、水道代がかさむ
  • ドラム式よりも乾燥機能が劣る

以上がドラム式と縦型のメリットデメリットです。

双方に一長一短があり、どちらを選べば間違いないといったこともないですね。

長く使いたいならランニングコストが抑えられるドラム式に軍配が上がりますが、初期投資で言えば縦型の方が安いものも多いので、正直好みで選んでもいいかなと思います。

ちなみに以前はドラム式が非常に人気でしたが、今はまた縦型の方が人気だったりします。

特に一人暮らしだと、縦型なら蓋をあけっぱなしにして洗濯物を溜めれるので楽なところでもありますね。

洗濯機選びのポイント

選ぶポイント

続いて洗濯機を選ぶ時のポイントを見ていきましょう。

乾燥機がついている

乾燥機はやはり抑えておきたいポイントですね。

一人暮らしだと、時間が取れずに週末にしか洗濯をすることが出来ないことも多いかと思います。

しかし天候が悪いとどうしても部屋干しをしなくてはいけないこともあります。

乾燥機がついていれば天候に左右されることなく、洗濯のスケジュールが崩れるがことないので、とても重宝します。

乾燥機能にはヒートポンプ乾燥方式とヒーター乾燥方式の2種類があり、ヒートポンプ乾燥方式のほうが省エネかつ乾燥レベルが高いです。

ヒーター乾燥方式だと半乾きになることがあり、乾燥機から出してすぐ着ることが難しいので、乾燥機から出してすぐ着たい方はヒートポンプ乾燥方式を選ぶようにしましょう。

ただ乾燥機に頼りすぎると、電気代が膨らんでしまうので要注意ですよ。

静音性に注目

洗濯機は隣人との騒音問題になることもあり、静音性には注意を払ったほうがいいでしょう。

特に一人暮らしの場合、夜に洗濯機を回す機会も増えると思うので、洗濯時・脱水時にどれくらいの音が出るか、事前にチェックしましょう。

騒音レベルは商品詳細などに運転時の音量が載っているので、45db以下のものを選ぶとどんな時間帯に洗濯機を使っても、苦情が来ることは滅多にないと考えていいでしょう。

予約モードやお急ぎ機能など細かな機能

安価な洗濯機をあまり調べずに買うと、洗濯予約機能がついていなかったり、すすぎの回数や洗濯時間の設定が固定であったり、オシャレ着用の弱洗いやドライモード、手洗いモードなどが搭載されていない機種もあります。

どんな洗濯モードが搭載されているかは必ずチェックするようにしましょう。

まとめ

以上が一人暮らしのための洗濯機の選び方です。

洗濯機は生活に不可欠な家電ですし、安い買い物ではないので失敗せずに選びたいですよね。

サイズ・機能を何度も確認して、間違い無い買い物をして下さいね。

【チェックリスト付】一人暮らし初日から揃えるべき日用品

スポンサードリンク

このページの先頭へ