洗濯槽にカビが発生!原因は何?オススメの掃除方法・取り方は?

洗濯槽のカビを掃除しよう

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「洗濯槽にカビが発生!
原因は何?オススメの掃除方法・取り方は?」
についてご紹介します。

洗濯槽は湿気が残っていると
カビが発生してしまう恐れがあります。

脱いだ服を洗濯機内に放置するとカビが生える?

カビが発生してしまうと
服に汚れが付着してしまうこともありますし、
カビくさい臭いが移ってしまうこともあります。

もし洗濯槽にカビが
生えてしまった時は、
酵素系漂白剤で
キレイに汚れを落としましょう!

スポンサードリンク

酵素系漂白剤で汚いカビを徹底掃除

動画を見てもらえばわかる通り、酵素系漂白剤で洗濯槽のカビはごっそり掃除出来ます。

水量10ℓに対して100gの酵素系漂白剤を入れるといいですね。

50℃程度のお湯を洗濯槽いっぱいに張って酵素系漂白剤を入れ、5分程度回してから一晩置きます。

一晩置いたらまた5分程度回してから、100均で売っているゴミ取りネットなどで浮いたゴミをよく取り除きましょう。ハンガーに排水溝用のゴミ取りネットをつけて代用してもキレイにゴミを取れますよ。

浮いたゴミをキレイに取れたら一度排水しましょう。

今度は水位を最高にして漂白剤は入れずにすすぎを2回3回程度行いましょう。こうすることで洗濯槽の奥に残った汚れを取り除くことが出来ます。

すすぎが終わったら蓋を開けっ放しにしてちゃんと換気しましょうね。

塩素系を使うなら酵素系を使ったあとで

漂白剤の中には塩素系も存在します。お風呂のカビ取りなんかによく使われますね。

カビキラーなどは塩素系漂白剤もあるんですが、塩素系漂白剤は酵素系よりも殺菌力に優れているものの、カビを分解して掃除するため細かい汚れが洗濯槽の奥に残ってしまうこともあるんです。

なので買ってから一度も洗濯槽を掃除したことがないという方はまずは酵素系漂白剤を使って大きなカビを剥がして掃除し、そのあと更に塩素系漂白剤を使うと効果的です。

酵素系を使ったあとにまだカビ臭が残った場合に試してみるといいでしょう。

くれぐれも混ぜて使うといったことはやめて下さいね。塩素ガスが発生するので大変危険です。

まとめ

いかがでしたか?

洗濯槽の掃除はそれなりに手間がかかりますが、どうせ洗濯するならキレイに洗いたいですよね。

衛生的な服を着用するためにも1ヶ月〜3ヶ月に一度は洗濯槽の掃除をしましょうね。

スポンサードリンク

このページの先頭へ