一人暮らしの水道代の平均額はいくら?地域によって大きな差が?

私の水道代って高い?安い?

スポンサードリンク

どうも、ワンダです。

今回は「一人暮らしの
水道代の平均額はいくら?
地域によって大きな差が?」
についてご紹介します。

今月の光熱費の金額をみてふと、
自分の水道代は高いのか安いのか
気になったことはありませんか?

もし高いとしたら
みんながどんな節水を行っているのか
知りたいですよね。

無駄に財布を圧迫しないためにも
水道代の平均を調べて
必要ならば節水に取り組んでみましょう。

スポンサードリンク

水道料金の全国平均は3000円程度

水道代の全国平均は3000円程度と言われています。この平均額は2ヶ月毎に徴収される金額です。住んでいる地域によっては毎月請求が来るところもあるようですね。

水道の使用量は一人暮らしの場合、2ヶ月毎に15㎥〜20㎥使用していると言われています。

しかしこのデータはあくまで全国平均であるという点に注目して下さい。

実は水道代は地域にによって大幅に使用料が変わるんです。

料金の最大差は8730円?

月に20㎥を使用した場合の地域別の水道料金を見ることが出来るサイトがあるのですが、そちらのデータによるとなんと一番水道料金が安い地域と一番水道料金が高い地域の差は8730円もあることが分かりました。

住む地域によってこんなに差が開くとは驚きでしたね。

ちなみに一番安い地域は愛知県八幡浜市で、一番高い地域は熊本県宇城市となっています。こちらのデータは価格改定などもあるので、最新情報は各自治体へ問い合わせて下さいね。

私が調べたサイトはこちらになるので、自分の地域が高いのか安いのか調べてみてもいいですね。

全国の月額水道料金を見る

水道料金は基本使用料+超過分

水道料金の基本使用量は多くの自治体が10㎥を基本料金としています。これは0㎥〜10㎥までの使用なら料金は一律であることを示しています。中には5㎥に設定している自治体もあります。

10㎥を超えた場合は1㎥あたり◯◯◯円といったように料金が加算されるようになっています。

10㎥は一人暮らしで1ヶ月に使用する水の平均値でもあるので、ほとんどの方は基本使用量で収まるかと思います。

10㎥ってどれくらいの水量なの?

10㎥の水ってどれくらい?

10㎥が一人暮らしの使用水量に平均値といわれてもいったいどれくらいの量か具体的にはなかなか掴めないですよね。

10㎥は10000ℓに値するんですが、本当にそれだけもの量使っているのが疑問ですよね。でも実はなにげない毎日の生活でこれだけの水量を使っているんですよ。

  • トイレ 1回13ℓ(1日2回30日=780ℓ)
  • 7キロ洗濯機 1回60ℓ(週1=240ℓ)
  • シャワー 10ℓ/分 (1日1回5分30日=1500ℓ)
  • お風呂 200ℓ(週1=800ℓ)
  • 洗い物 1回5分60ℓ(週3=720ℓ)
  • 歯磨き 1回1ℓ(30日30ℓ)

ほかにも飲み水や炊事の時に使用することを考えると、1日で200〜300ℓあたり一人暮らしで使っていることになります。

こうしてみると意外と10㎥くらいは使っているんですね。

節水の心得

では生活の中でどのように節水すればいいか考えていきましょう。

トイレのタンクにペットボトルを入れる

タンクの中に2ℓペットボトルなどを入れておくと、その入れた分だけ節水になります。

あまり入れすぎると流れなくなってしまう恐れがあるので、タンクに入れる量は調整しましょうね。

節水シャワーヘッドに替える

節水用のシャワーヘッドに替えると1分あたりの水の使用量を2ℓ程度減らすことが可能です。

毎日使うものなので大きく変わりますよ。1000円〜2000円程度で売っているので是非試してみて下さい。

食器は水につけてから洗う

油汚れなどしつこい汚れがあるとどうしても食器を洗う時間が延びてしまいます。

食器を洗う時間を短縮するためにも、食器は水にしばらくつけてから洗うといいでしょう。

洗う時は一度全ての食器を洗剤でこすってから、まとめて水で流すと無駄に水を出しっ放しにすることなく洗えますよ。

湯船にお湯を張る時は洗濯機を使う前に

お風呂の残り湯で洗濯機に使う水を節水出来ますよ。

一人暮らしだとなかなか湯船につかることは少ないと思うので、今日はお風呂に浸かりたいなーと考えているときは洗濯機を回すタイミングで浸かると無駄がないでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

もし水道代が全国平均額より高いようであれば、節水の心得を実践してみて下さいね。

少しでも月々の水道代が下がれば、年間を通してみると大きな金額になるはずですよ♪

一人暮らしの飲み物代は意外とかかる!賢く節約するには?

スポンサードリンク

このページの先頭へ